中国障害者芸術団とは?

ユネスコ平和芸術家に指定される中国障害者芸術団
2007年「 ユネスコ平和芸術家 」に指定される

中国障害者芸術団とは?  中国障害者芸術団は、団長および団員104名、そして芸術監督、舞踏・音楽監督の全員が障害者です。目の見えない者、耳の聞こえない者、身体に障害のある者が、夢の実現のために一丸となって作り上げました。
 演目は、独唱、重唱、合唱やミュージカル、民族楽器、西洋楽器、電子楽器の演奏、民族舞踊、バレエ、ラテンダンス、モダンダンスや創作舞踊、舞踏劇、京劇、手話を使った詩の朗読などがあり、その多岐に渡るプログラムにより芸術の高い公演を実現しています。
  団員たちは、自分自身に誇りを持ち、自分を信じ、互いに助け合い、また政府や他人の資金援助に頼ることなく、公演による収入によって社会で自立し、この世の中に奇跡を起こし続けています。
  彼らは毎年10数カ国で150以上の公演を行い、これまでに訪問した国は5大陸60カ国以上に上っており、世界中にその「美」をささげてきました。
  また彼らは世界に愛を伝える為、数多くのチャリティー公演を行い、また、公演収入の中から積み立てた資金で「私の夢」という基金を設立し、世界の調和発展に寄与する公益事業に対し、年間80万ドル以上もの寄付を行っています。
  中国障害者芸術団は、芸術と魂を完全に融合させることで、世界の文化の中で独特の個性を放ち、中国国民に最も愛される芸術団となっています。
  また、国際社会では「美と人間性の使者」と称賛され、障害者インターナショナル会議では「全世界の障害者のイメージ大使」と称されているほか、「ユネスコ平和芸術家」にも指定されています。

中国障害者芸術団とは?  芸術団のすべての公演において、一人の聴覚障害をもった司会者が手話をもって芸術団の主題を表します。 ―― 聞こえなくても、見えなくても、肢体が満足じゃなくても、同じように精美な芸術を表現することが出来る。――

 彼らは、「 特殊な集まり 」と見られ、寄付金等の援助を受けることを良しとしませんでした。 そのことは、彼らの才能と見合わないと考えたのです。 自分たちが団体として自立できることを確信し、あらゆるリスクを犯してでもそのことを証明しようと、彼らは昔から続く政府からの補助金を放棄しました。

 これにより彼らにはより多くの創造の余地が生まれ、また商業公演を行えるようになりました。彼らは人々が好奇心や同情だけでなく、彼らの創りだす芸術を観賞するために、公演のチケットを購入してくれることを期待したのです。

  このリスクは報われ、芸術団は50以上もの国家を訪れ、また中国で最も利益を上げる公演団体となりました。この五年の間、芸術団は日常生活に必要な支出を除いたすべての利潤で、慈善基金と発展基金を設立しました。

 

  「すべての人の人生は、さまざまである。これはあなたには選ぶことはできない。 しかし、あなたは人生を違う角度から見ることはできる。 人生のすばらしさに多く目をむけ、そして喜びと感謝のこころをもって、人生の逆境と向き合おう」

 

  芸術団は小さな花。そのひとひらの花を世界のいたるところで、一面に咲かせたいと彼らは願います。

芸術団は小さな花

中国障害者芸術団