ピアノ独奏「月光」

ピアノ独奏「月光」ピアノ独奏「月光」

先天性失明の金元輝は光を一度も見たことがありません
神様は彼の視覚の扉を閉じたが、同時に彼の音楽の扉を開きました
聴力を失ったベートーベンも思いもしなかったしなかったでしょう
200年後、一人の中国人視覚障害者が「月光」を弾きながら彼と対話するとは
何も見えない暗闇のなか、彼は光を目指して確かに歩み続けます

ある人が彼にこう聞いた、
「あなたが三日間の光を得たとしたら、何をしてみたいですか?」
彼はこう答えました、
「三日間の光は要りません
なぜならここが私の世界だから ピアノが私に光を与えてくれました」